日々月々、天よりのことば、神の示し

アセンション・大変革・カタストロフの時代に言霊(ことば)の中継点(ハブ)を目指しています。


鍵

【兄弟サイト】こちら↓↓も合わせてご覧ください。
謎の彷徨(まよ)い人

【オススメサイト】日々の発見のニュースを集めています。こちら↓↓

発見の日々【FC2分室】




スポンサーサイト

2017.06.10 Saturday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    これから起こるイベントの超重要情報ーCOBRA

    2016.05.12 Thursday 00:29
    0
      すごく重要な動画が公開されました。

      言葉のハブを目指しているこのブログでも取り上げざるをえません。



      2016/02/11 に公開

      COBRA(コブラ)- レジスタンス・ムーブメントそして、アントワインからのメッセージ。


      Worldwide Reset Imminent ! 
      世界規模のリセットが差し迫る!
      https://www.facebook.com/Fa.Sirius/po...




      地球に大規模な変化を引き起こすための広大な計画が何年間にもわたり準備されてきまし ­た。この計画は、地球の住民とエコシステムの濫用に終止符を打つための公正な法的手段 ­を取ろうとするものです。なぜ私たちがこのことを前もって知っていたかといいますと、 ­内部の者から私たちの準備のために情報提供があったからなのです。


      この移行期については、以下の点をご理解ください。

      1.政治家、会社社長、大手銀行などは、人類に対して酷い犯罪を犯し、多額の金を略奪 ­し、私たちの社会構造・メディア・金融などを買収などで汚してきました。

      2.レジスタンスが組織され、地球解放のために公的機関の内部者がその者たちを合法的 ­に逮捕し、公正な裁判にかけます。

      3.マスコミは、いままで起きてきたことの明白な証拠を提供します。

      4.金融機関は3日から15日間閉鎖されます。皆さんのお金が無くなるわけではありま ­せん。誰もが豊かになるような新たなフェアーなシステムに置き換わるだけです。旧来の ­システムは実際の価値とは無関係のバーチャルな負債に基づいていました。それによって ­、一握りの人達が、世界中の金を盗んで操ることができたのです。銀行借り入れは全て帳 ­消しになります。個人間、企業間のまっとうな借金は存続します。新たなシステムは、真 ­の価値(特に金本位制)に基づき、公正な交換を確保します。いままで盗まれた多額の富 ­は、地球上の各人に再分配されます。


      皆さんは、どのような貢献ができるでしょうか。


      1.平和的な移行を行います。輸送・エネルギー・食料供給について一時的な中断がある ­かもしれません。3日から15日間の生活物資は確保しておいてください。

      2.落ち着いてください。これは戒厳令とか政変ではありません。皆さんに何らかの強制 ­処分があるわけではありません。暴力による復讐は許されません。これは、公正な裁判な ­のです。

      3.情報を入手しましょう。発表を入手して、話し合い、よく聞いてください。自分なり ­のリサーチをしてください。

      4.皆さんの身の回りの対立や確執は、仲間割れをおこして武力行使をするためにわざと ­作られたものです。私たちは、皆と平和に暮らすようにできているのです。

      5.もし可能であれば、他の人達への最低の必要物資の援助などをしてあげてください。


      イベント(地球解放)が具体的にいつなのかは特定できませんが、計画は着実に進行して ­います。私たちは、豊かさと自由を得て、平和に暮らせるようになります。
      いままで隠されていた技術が全世界に開示されます。人々のためのホンモノのプロジェク ­トやエコロジカルなプロジェクトが大量に起動します。


      いますぐ地球解放を!


      翻訳:Terry
       


       
      アセンション | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      2017.06.10 Saturday 00:29
      0
        - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする










        この記事のトラックバックURL

        http://hibi31.jugem.jp/trackback/420

        トラックバック