日々月々、天よりのことば、神の示し

アセンション・大変革・カタストロフの時代に言霊(ことば)の中継点(ハブ)を目指しています。


鍵

【兄弟サイト】こちら↓↓も合わせてご覧ください。
謎の彷徨(まよ)い人

【オススメサイト】日々の発見のニュースを集めています。こちら↓↓

発見の日々【FC2分室】




スポンサーサイト

2017.06.10 Saturday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    ギリシャがアイスランドに続いて資本主義の鎖から離脱

    2015.07.09 Thursday 06:43
    0
      【ギリシャ危機】「EUはチプラス首相を窒息死させる気。圧力に屈しない」 最後通告に反発する“民主主義国家”ギリシャの人々 - 産経ニュース
      欧州連合(EU)が7日、ギリシャに対する事実上の“最後通告”を突きつけたことに対し、同国では、EUの策略との見方が強く、冷淡な反応となっている。  

      EUははじめから従順でないチプラス首相を窒息死させるつもりだった」  

      5日の国民投票で、EUが求める財政再建策に反対票「オヒ(ノー)」を投じた女子学生のエバさん(21)はこう語り、「首相は、ずる賢く、冷血動物のようなEUの圧力や策略には最後まで屈しない。私たちも首相を支えていく」と、怒りに紅潮した顔つきで強調した。

      国家破綻に陥ったアイスランドが金融資本主義から離脱することで見事に立ち直ったことはマスメディアは一切報じません。
      自分たちの体制にとって都合が悪いからです。

      wikipedia アイスランド:金融危機以後

      残念ながら日本に住む私たちもその遮断された情報の中にあります。

      そしてギリシャ問題。

      私はこの世界史上で重要な役割を果たした国の問題に歴史的な意味を見出してきました。

      といってもそれほど詳しく調べたわけではありませんが、何か新しい動きが起こるだろうと予感しました。

      ついにEUからの離脱を国民投票によって決断。

      アイスランドと同様に観光資源を多く持ち、地場の産業も豊かなギリシャですから銀行支配から抜ければきっとうまくいくはずです。


      何か大きな変化が地球に起こっているのでしょう。

      <追記>
      次はスペインそしてポルトガルですね。イタリアも近いかもしれません。
      日本はもっと先になるでしょうか。

      あくまでも冷静に。そしてわたしに何ができるかを考えていきたいと思います。

      それは

      備えと分かち合う心、愛の行いだろうと思います。

       
      わたしにできること | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      2017.06.10 Saturday 06:43
      0
        - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする










        この記事のトラックバックURL

        http://hibi31.jugem.jp/trackback/386

        トラックバック