日々月々、天よりのことば、神の示し

アセンション・大変革・カタストロフの時代に言霊(ことば)の中継点(ハブ)を目指しています。


鍵

【兄弟サイト】こちら↓↓も合わせてご覧ください。
謎の彷徨(まよ)い人

【オススメサイト】日々の発見のニュースを集めています。こちら↓↓

発見の日々【FC2分室】




スポンサーサイト

2017.06.10 Saturday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    三柱鳥居の話

    2012.09.27 Thursday 16:32
    0
       三柱鳥居というのがあります。

      三柱鳥居 - Wikipedia

      何か秘密があると思って調べています。



      三囲神社の三柱鳥居(wikipediaより)

      木嶋坐天照御魂神社 - Wikipedia

      三囲神社 - Wikipedia
      「伝によれば、近江国三井寺の僧源慶が当地に遍歴して来た時、小さな祠のいわれを聞き、社壇の改築をしようと掘ったところ、壺が出土した。その中に、右手に宝珠を、左手にイネを持ち、白狐に跨った老爺の神像があった。このとき、白狐がどこからともなく現れ、その神像の回りを回って死んだ。三囲の名称はここに由来するという。 元禄6年(1693年)、旱魃の時、俳人其角が偶然、当地に来て、地元の者の哀願によって、この神に雨乞いする者に代わって、「遊(ゆ)ふた地や田を見めくりの神ならは」と一句を神前に奉ったところ、翌日、降雨を見た。このことからこの神社の名は広まり、京都の豪商三井氏が江戸に進出すると、その守護神として崇め、三越の本支店に分霊を奉祀した。」

      というように三井家と関係が深い。





      岐阜県大和町の三柱鳥居(wikipediaより)

      ということで調べているのですが、昨日、ブログで対馬の三柱鳥居について詳しく書いたものを見つけました。すばらしい内容です。

      ちょっとびっくりしました。いずれじっくりと学び整理するつもりです。確かに神々のふるさとですね。リンク集を作っておきます。

      三柱鳥居 : 彦左の正眼!
      神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 番外編(三柱鳥居と天照御魂神社の謎)

      神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 1 : 彦左の正眼!
      神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 2(和多都美神社) : 彦左の正眼!
      神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 3 和多都美神社の玉の井 : 彦左の正眼!
      神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 4(大吉戸神社・鋸割岩・金田城・和多都美神社) : 彦左の正眼!
      神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 5(鴨居瀬の住吉神社) : 彦左の正眼!
      神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 6(鴨居瀬の住吉神社・赤島) : 彦左の正眼!
      神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 7(梅林寺) : 彦左の正眼!
      神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 8(鶏知の住吉神社と阿比留一族) : 彦左の正眼!
      神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 9(雷命(ライメイ)神社) : 彦左の正眼!
      神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 10(太祝詞(フトノリト)神社) : 彦左の正眼!




      古代史 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |

      スポンサーサイト

      2017.06.10 Saturday 16:32
      0
        - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする










        この記事のトラックバックURL

        http://hibi31.jugem.jp/trackback/122

        トラックバック

        ●とりい

        ●とりい ◆とり い とりゐ【鳥居】 神社の参道入り口などに立てる門。二本の柱の上部を貫(ぬき)で固定し,その上に笠木を載せたもの。笠木の下に島木のある形式と島木のない形式とに大別される。華表。 [句]鳥居の数が重なる ・ 鳥居を越す ----------------
        | 志葉楽(シバラク) | 2014/07/12 11:19 AM |