日々月々、天よりのことば、神の示し

アセンション・大変革・カタストロフの時代に言霊(ことば)の中継点(ハブ)を目指しています。


鍵

【兄弟サイト】こちら↓↓も合わせてご覧ください。
謎の彷徨(まよ)い人

【オススメサイト】日々の発見のニュースを集めています。こちら↓↓

発見の日々【FC2分室】




スポンサーサイト

2017.06.10 Saturday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    霊果 桃が

    2013.05.27 Monday 07:12
    0
       安いので紹介します。

      ももは古来より霊果ですよね。

      6月下旬に到着?。お供えしてお下がりをいただきます。
      植物から学ぶ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      ユズリハのこと-万葉のメッセージ

      2011.12.03 Saturday 14:22
      2

        ユズリハという樹木があります。春になり、新しい葉がでると古い葉が一斉に落ちて新しい代に変わります。だから譲葉なのです。普通は秋に紅葉して、その後葉を落とすのに、春まで古い葉が緑のまま残り、新しい葉が出ると葉を落とすのです。

      何かを私たちに教えているようでなりません。

      物言わぬ植物が、私たちの生き方を教えています。 しかもそれを古代から見てきたわけです。

      植物の名前にはそうした古代からのメッセージのようなものが隠されているように思えてなりません。

      ユズリハ - Wikipedia

      万葉の植物 - ユズリハ
      (いにしへ)に恋ふる鳥かも弓紘葉(ゆづるは)御井(みゐ)の上より鳴き渡りゆく 巻第 2 - 111
      →遠い昔のことを思う鳥でしょうか。ゆずりはの御井の上から鳴き飛び去っていくのは。
      →持統(じとう)天皇が吉野に行かれた時に従った弓削皇子が額田王(ぬかたのおおきみ)に贈った歌

      詠われているのは情景ではなく、明らかにメッセージです。というのは、この時代の政治状況は複雑です。詳しくは→ 弓削皇子 - Wikipedia

      わずか27歳で亡くなった弓削皇子が弓紘葉(ゆづるは)と弓を入れて読んでいること。ゆずるという言葉があること。贈った相手が額田王であったことを考えると相当に深いメッセージがあると推察できます。額田王 - Wikipedia
      続きを読む >>
      植物から学ぶ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |