松原照子さんが今日の世見で北海道の揺れを予言?

  • 2016.05.07 Saturday
  • 11:32
いつも松原照子さんの幸せへの近道をみています。

5月7日(土)の世間では「北海道の地図を見ています」と題して苫小牧の近くの勇払平野から始まり根室、十勝沖と書いておられます。

 

滑落事故とポールシフト

  • 2016.05.05 Thursday
  • 08:40
ニュースを見ていると山での滑落事故が多すぎます。

Facebookを見てみると登山するような装備ではなく、素人の無謀な登山が多いということが出ています。中には雪山にスニーカーで登っている人が多いとかグループの人数が多すぎるというようなことが書かれています。

確かにそういうことがあるのでしょうが、私が気になっているのは方向感覚、平衡感覚の喪失です。

私たちのバランス感覚がおかしくなっていませんか?

私自身ふらふらしたりとか眠たいとかの感覚があるのですが、これってポールシフトが起ころうとしているのではないかと。

5月16日というメッセージもありますから。

その観点から少しネットを調べてみることにします。

まあ、おやじの戯れ言と聞き流してもらっていいです。

【追記】
山岳事故に関連する記事一覧 - Yahoo!ニュース

連休中に山岳遭難事故相次ぐ 背景には想定外の天候の変化か(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース

62歳女性遭難か、東京・埼玉の境の山に登山予定(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース

「落ちない石」落ちた 南阿蘇 観光売り出し中、地元に落胆 (西日本新聞) - Yahoo!ニュース

森吉山で登山の男性が不明 北秋田市(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

スピリチュアル系TOCANAの記事
科学者「2016年6月〜8月の間に急激なポールシフトが発生→70%の生物死ぬ」 - エキサイトニュース


【PR】
幸運な出来事、成功のストーリー、願望達成。これってね「たまたま」「偶然」のきっかけから全ては始まっているのです。http://ameblo.jp/gengekikon/  『マンガで叶える引き寄せの法則』 Miko著

スピリチュアルCGアートのTsukasa
販売サイトhttp://healing-cgart-tsukasa.com/  
動画https://youtu.be/ABrUc3OQ7_k https://youtu.be/QrktZruH79Y  
ブログhttp://ameblo.jp/tsukasa6161/ 
 

小惑星の通過と世界情勢の変化

  • 2014.09.09 Tuesday
  • 19:27
今朝の明け方直径20メートルの小惑星が地球をかすめています。

8日未明に小惑星通過、衝突の心配なし 「望遠鏡なら観測可能」 - MSN産経ニュース
直径約20メートルの小惑星が、日本時間8日午前3時20分ごろに地球のすぐ近くを通過する見通しだと、米航空宇宙局(NASA)が4日までに発表した。地球に衝突する心配はないという。

南半球のニュージーランド上空を通り過ぎる際に、地球の直径の約3倍に相当する約4万キロまで近づくと想定。NASAは「暗くて肉眼で見るのは難しいが、望遠鏡を使えばアマチュア天文家でも観測できるかもしれない」としている。

このニュースは4日前なのですが、続報はありません。天文愛好家のサイトをあとで見てみたいと思います。このブログのサイドバーのRSSリーダーでアストロアーツというサイトの情報を受信していますが、中秋の名月のみですね。

もうひとつ気になっているのが

米 9.11事件の再発を懸念 トリポリで11機の航空機が行方不明に -
http://bit.ly/1onhZKo

この記事です。リビアがまた不穏な状況です。イスラム過激派が国際的に動いているようですが、その背後はまったくわかりません。

明日、オバマ大統領がイスラム国問題で国民に説明をするということになっています。空爆あるいは地上戦も辞せずというようなことを発表するのでしょうか。複雑すぎて、しかも西側のメディアだけでは真実がみえてこないということもあり、ネットにかじりついて情報収集したい気持ちに駆られますが、仕事があるのでぐっと我慢しています。素人であっても、ネットの情報を丹念に見ていくとわかってくるものです。

テレビや新聞だけの情報を鵜呑みにしない。ネット上の情報も操作があるという見方をする。すごく難しいですが、がんばってみます。

ロシア(RT)やイラン(イランラジオ)の情報も役に立ちます。アルジャジーラもありますね。



 

今日の夜、最接近の小惑星はG2なの

  • 2014.09.08 Monday
  • 21:17
アイソン彗星の時にやって来ると思われた星の輝き。太陽に近づき過ぎて消えてしまいました。彗星は太陽系を非常に長い周期で回っていますが、まあ小惑星も似たものかもしれません。

近づいた時にロッシェローブをまとっていますから地球の成層圏と接触します。ということは流れ星とかオーロラとか見えるんじゃないでしょうか。

今日の夜、明け方三時ごろの天体ショーは見ものかもしれません。音が聞こえるかもしれませんね。アポカリプスサウンド?

以上、ちょっと感じたことを記しておきます。

参考)
コブラ:カバールがいま恐れているもの - 田舎で深呼吸 http://bit.ly/1uev7qX

明日が中秋の名月

  • 2014.09.08 Monday
  • 07:44
2014年9月8日 中秋の名月(十五夜) http://bit.ly/1qyoC11

先月の新月(8月25日)から始まった私の新しい歩み。というか周りの新展開。

4月にいきなり奈落に落とされるような仕事環境の変化がありました。

9月が終わればちょうど半年になるのですが、なぜかそのひと月前から変化が起きています。30日×5ヶ月の150に何か意味があるのでしょうか。それともしし座ライオンゲートの通過に意味があったでしょうか。

とても大きなエネルギーが地球に注いでいます。世界の権力構造にも変化が見られるでしょう。

そういえば、今日、オバマ大統領が国民に向かってイスラム国についての見解を述べるというニュースがありました。

ちょっと注目です。

リビアのベンガジでの大使館員(じつはCIA要員)襲撃情報があったのに動かなかった件で責められていますね。


まあアメリカの経済破綻はもうすぐですね。私は中国のバブル崩壊も来ると思っています。どちらが早いのか。

8日未明に小惑星が地球近く通過 NASA発表

  • 2014.09.06 Saturday
  • 16:03
8日未明に小惑星が地球近く通過 NASA発表、衝突心配なし - 47NEWS(よんななニュース)

直径約20メートルの小惑星が、日本時間8日午前3時20分ごろに地球のすぐ近くを通過する見通しだと、米航空宇宙局(NASA)が4日までに発表した。地球に衝突する心配はないという。  



南半球のニュージーランド上空を通り過ぎる際に、地球の直径の約3倍に相当する約4万キロまで近づくと想定。NASAは「暗くて肉眼で見るのは難しいが、望遠鏡を使えばアマチュア天文家でも観測できるかもしれない」としている。  

小惑星は8月末に米国の天文施設が発見したばかりの「2014RC」。地球の公転軌道と一部が交差する楕円軌道を周回している。


びっくりしますね。何かありますね。

やはり何かあるようです。ラグランジェポイントとかG2とかの話が今年の春分の日前後にあったと思いますが、それに関係していそうです。

ぶつからなくても小惑星の周りのチリが地球を包みます。ロッシェローブというような感じでしょうか。難しくてよくは理解してないのですが、通過の後のバックファイアみたいなものでしょうか、あるいは音速を超えるとその衝撃波は凄いですし、視覚的にも面白い現象がおこります。

後でYOUTUBE動画をアップします。

動物たちにも変化の兆し[追記あり]

  • 2014.07.12 Saturday
  • 09:44
まずはショッキングなニュースから。

どうも動物たちも意志を持ち始めたように感じます。

米夫婦が飼い猫に「監禁」される、警察に救助を要請 - Ameba News [アメーバニュース]
[オーランド(米フロリダ州) 9日 ロイター] - 米フロリダ州オーランド近郊に住む夫婦は、凶暴化した飼い猫に寝室に閉じ込められたとして、助けを求め警察に通報した。
通話記録によると、飼い猫のロシアンブルー(4歳)が攻撃的になったため、夫のジェームズ・グレゴリーさんがバスルームに閉じ込めた。しばらくして放したところ、威嚇をはじめ、うなったり、引っかいたりしてきたという。妻のテレサさんは「寝室のドアの前にいる。閉じ込められて出られない」と警察に訴えている。
またテレサさんは、最初に猫が興奮した原因として、誤って猫を踏んだ可能性があるとしているが「猫がどうなってしまったのか分からない」と話した。


次は釣りをする鳥

驚くのは上記の動画を世界中で260万人が視聴していることです。

ウミガメも救助されてダイバーにお礼


引き続き動画を探しますが、何か変化が起こっているように感じるのは私だけでしょうか。
とっておき、これがありました。↓↓
 

-----
姉妹サイト 謎の彷徨い人 も更新してます。ぜひご覧ください。
 
続きを読む >>

霧ではなく霞かもしれない話【驚くべき追記】

  • 2014.07.11 Friday
  • 15:19
あるブログで霞(かすみ)のことが書いてありました。仙人は霞を食って生きるといわれるように霞と霧とは違うものだそうです。

私は最近、すっきり晴れているのに肌に細かな霧のようなものを感じることが多くなりました。

何か地上の浄化に関係しているという直感のようなものを感じています。

出来るだけ自然の中で深く呼吸をしなければとも思いますし、綺麗な水を体内に入れて胃腸をキレイにしたいとからだが求めます。


細胞が変わるとしたら、食事と呼吸からでしょう。

光のエネルギーが上昇し、それに合わせて地のエネルギーも高まっている感じです。

激しい天変地異に見舞われる時代に入りました。

今回の台風8号はそういうことを予感させるものでした。

実は報道はされませんが、台風が沖縄の上空に来たときに二つにカットされたのです。

宇宙ステーションISSに乗り込んで知る飛行士Reid Wisemanさんの下のtweetをご覧ください。
「台風8号(ノグリ)が文字通り二つの切られてる。信じられない。」とtweetしていますが、私には実はよくわかりませんorz
でもそう言っているのだからそうなのでしょう。そしてその後急速に勢力が弱まりました。ふと昨年のチェルビンスクに落下した隕石をUFOが落下直前に砕いたという噂を思い出しました。#TyphoonNeoguri can’t block the stars above Japan’s @JAXA_en #Kibo module during #tanabata – Wish away and be safe! pic.twitter.com/MLnFZhbpsL   その前のtweetでは「七夕だけど台風ノグリも日本JAXAの「希望」の上の星たちを妨害できない。早くいなくなることと安全を祈る」
  日本に近づく前の台風8号の姿↓これが沖縄上陸で二つに割れたということなのです。
 
とにかく何かあるという感じです。
引き続き地上の気象の変化を追いかけます。

そういえば一昨年前のハリケーン・サンディの動きも怪しかったですからね。
-----
姉妹サイト 謎の彷徨い人 も更新してます。ぜひご覧ください。

【追記】
読売新聞の記事です。やっぱりという感じ。沖縄で天が働いたのだと思います。
「過去最強級」と騒いだが…予想下回った台風 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
台風8号は11日朝、千葉県に上陸した後、関東の沖合で温帯低気圧へと変わった。当初、沖縄に影響を与える台風として「過去最強クラス」と騒がれたが、日本列島を東に進むにつれ次第に勢力を落とし、関東に接近する頃には風雨の影響は少なくなった。

大型で非常に強い台風8号が沖縄地方に近づき、気象庁は7日、台風では初めてとなる特別警報を発表した。しかし東シナ海の海水温は25度とほぼ平年並みで、台風の勢力を保つために必要な高温にはならなかったため、台風はここで弱まった。11日に関東に上陸したが、温帯低気圧に変わる前の弱い状態で、大雨にもならなかった。

 

松原照子さんがカリフォルニアが動くかもと書いています

  • 2014.07.01 Tuesday
  • 12:48
松原照子さんは「幸福への近道」というサイトで毎日不思議なことを書いておられます。
といってもトンデモ系ではなく、政治家をはじめ多くの方が参考にしていると聞いています。

311を言い当てたことで有名になりましたが、その後も世界情勢から日本の政治や歴史、未来予測まで幅広い話題で提供しています。特に地震はよく当たります。

最近では5月8日から揺れに注意と警告をだしていますが、その警告通り太平洋西側が広範囲に揺れています。南太平洋とアリューシャン列島、ハワイ諸島などマグニチュード7以上の地震が続いています。

日本でも小笠原諸島に突如出現した火山島はどんどん広がっており、火山学者たちはその大きさに度肝を抜かれています。どのくらいのマグマが供給されており、今後どこまで続くのか予測さえたてられない状況です。

その中で本日7月1日に幸福の近道は「米・太平洋側が揺れだす!?」というもので、

『ロスアンゼルスもこれからはよく揺れだすでしょう。

「カリフォルニア」という場所が今日世界地図をみていてすごく気になってしまいました。それと、地図を見ていると、「太平洋プレート」という言葉が聞こえてきました。「海底や砂漠ならいいんだけど、このまま行くと・・・」こんな声も聞こえてきました。


「このままで行くと」で、不思議な世界の方が言葉をつづけなかったことが気になって仕方がありません。

ホスゲリ」この言葉も書きたくなったが意味不明です』

といった内容です。

ほんとにちょっと気になりますね。かなり具体的です。

【参考】一番下のフォッサマグナ異常隆起中
サイエンス - 謎の彷徨い人

 

ダークマターの候補のステライルニュートリノの発見か

  • 2014.06.30 Monday
  • 17:03
スピリチュアル系ではなく天文学の話題から拾いました。何やら不思議な光の軌跡のようです。

銀河団から謎のX線 ダークマター候補の可能性も
NASAの衛星「チャンドラ」とヨーロッパ宇宙機関(ESA)の「XMMニュートン」による観測で、70個以上の銀河団(距離1億〜数十億光年)から不思議なX線輝線が検出された。

Esra Bulbulさん(ハーバード・スミソニアン天体物理学センター)ら研究チームでは、この輝線は既知の物質ではあてはまらない波長のもので、「ステライルニュートリノ」と呼ばれる粒子が崩壊した兆候かもしれないとしている。

ステライルニュートリノ(右巻きニュートリノ)は、ニュートリノの質量が0でないという近年の観測結果を受けて存在が予測される未検出の粒子だ。「弱い力」と「重力」で相互作用をする通常のニュートリノと違い、重力での相互作用しかしないとされる。銀河団の総質量の大部分を担うダークマター(その重力的作用のみで検出される謎の物質)の正体の候補でもある。

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

AdSense

注目サイト


無料サイト
役立つサイトを無料で作る方法


スポンサードリンク







paper.li







無料でクラウド上に役立つサイトを作る方法

啓示・アセンション[お勧め本]


selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM